SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

若干鬱エンド

月に吠える犬は、自分の影に怪しみ恐れて吠えるのである。疾患する犬の心に、月は青白い幽霊のやうな不吉のなぞである
<< ニコ生 | main | 悪口 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
きづいたこと
 週2000円
月8000円


うだうだと取り巻かれるネガティブ流行らされていたのは
自分が行動を起こしていなかったということだということが最近わかった
自分が止まっていると、停止状態でいると、動いているものが恨めしく見えてしまうのは
仕様であり、欠陥でも、欠落でも、血相を変えて焦る事でもなく
結果を求めて、動いている時こそ、周囲の景色が、経過として見え
そのおぼろげに見える情景だからこそ客観視という静止していたときにできていなかった
何かを平等に語る上で大前提となるものが働くのではないかという

ただ思うのが自分がこうだからといって他人がそうであるかないかとは又違うという当たり前で
止まっている人がいるのならばやはり語りかけてあげるべきだと


都合のいい都合
都合場合都合都合場合都合都合場合舎弟

相変わらず「嫌い」でモノを語る人が嫌いだという背反性に口を噤むしかなくなる
| 日常 | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 07:02 | - | - | - | - |









http://3ht.jugem.jp/trackback/106